いよいよ、「そまノ森」の中へ。
そこでまず目に入ったのが、足元に続く地割れです。なんでも、前所有者の方が山の構造を無視して作られた歩道により雨が何年もかけて掘り進めてできたものだそうです。

a0280319_14243356.jpg
10メートルくらい続いているでしょうか・・・いちばん深いところは台風などで流れてきた木がすっぽり入っています。


本来なら山の斜面を蛇行するように道をつけるそうです。
まっすぐな道を作ってしまうと雨水の通り道となって水の勢いが土を削り、このような地割れが出来るとのこと。だから、青葉仁会では山に沿うように蛇行した緩やかな遊歩道をこの山に作ったそうです。

a0280319_1424742.jpg
遊歩道、なんとなくわかりますか?


今は、草木に覆われていて、私たちはには見えにくいこの道を中谷さんの先導で歩いて登りました。
森の空気って本当においしいですね!からだいっぱい吸い込んで、本当に心地よい山登りのスタートです。
毎年間伐の時に遊歩道を年1回整備するそうです。
a0280319_1449519.jpg

部分的には板の立派な歩道もつけられていますし、中腹にはステージのようになったデッキが!
みんなで休憩したりワークショップしたりできるような場所になっています。
この遊歩道は、青葉仁会管理のこの山を一周できるように作られていて、2キロほど続いているそうです。(この日はとても一周できませんでしたが・・・。)

そして、中谷さんから、スギやヒノキの商業林と自然林のちょうど分かれているところがあると教えていただき、そこには是非行ってみたいと、ちょっと険しい山道を案内していただきました。
自然林の森は様々な種類の木々があり、太陽の光などもキラキラと降りそそぎ、明るい感じに見えます。
一方で振り返ると光が入らない商業林があり、あらためて間伐や山の手入れの大切さを感じました。

a0280319_14231332.jpg
商業林と自然林のちょうど境界の場所です。見上げると緑の色の感じが全然違いますね。


a0280319_14233356.jpg
手前は青葉仁会が間伐し、手入れしているところ、奥に見える黒い部分は所有者が違うそうで全く手入れされてない山林だそうで黒い影のように見えますね。


さて、青葉仁会の間伐は他の仕事が少し楽になる冬の仕事にされているとのこと。
毎年、1月~3月くらいに力を合わせて作業されるそうです。
また、それぞれの障害の状態に合う作業を分担して間伐という大きな仕事を成し遂げるそうです。
いのちの森倶楽部も老若男女、それぞれの体力に応じて各グループに割り振って頂けるとよいのではと思います(笑)
相談の結果は、来年2月くらいに間伐を実施できたらという事で、今後日程などの調整をしていく予定です。
[PR]
青葉仁会さんといのちの森倶楽部とで今後行っていく間伐材を使った木工製品の開発や青葉仁会さんの管理されている水源の森の間伐の共同開催などについてご相談を兼ね、取材に行ってきました。
まずは、毎回恒例のクラフト館で進化した作業工程などをお聞きしたり、青葉仁会さんとモンベル社とのコラボ製品の説明などをお聞きし、本題の間伐を行う山へと向かいました。

a0280319_1411357.jpg現在、自社商品のパッケージ以外にもQUONのパッケージをはじめ、カレンダーや他社パッケージや名刺など様々に製作されています。

a0280319_144517.jpgこれは、没になった和紙ですが、ちゃんと溶かして再利用するとのこと。

a0280319_1451378.jpgなんとこれがモンベル社のフリースの端切れとして送られてくるそうです。まるで正規の反物のような立派な端切れ(笑)。 規模が違いますね!

いよいよ、間伐を予定している山へ。
青葉仁会の中谷さん、本田さんに案内していただいて到着した「そまノ森」は、奈良市杣ノ川地区にある国の水源涵養(かんよう)保安林に指定されている山です。涵養とは、雨などで地表に落ちた水が地下に浸透し、地下水となることで、この森は地下に水を蓄えることが出来る大切な水源の森として指定されているのです。

a0280319_1464740.jpg
駐車場に降りると、足元に山栗がころころと落ちていてとてもかわいい実をつけています。前日の台風の影響でたくさん落ちたようです。中谷さんは奈良県吉野地域のご出身で子供の頃は、この山栗を拾って生で食べていたとか!甘くておいしいんだそうです。

そまノ森の入り口には、素敵なログハウスとペンションのような建物が。
ここは、青葉仁会が最初に施設を建てた場所だそうです。いまでは、その建物はありませんが、研修施設として現在は2つの建物が建っています。

a0280319_14123934.jpg
その横を細く山の中へ続いている道を登りながらこれまでの青葉仁会さんの取り組みについてお聞きしながら山の中へ入っていきます。

さて、この続きは後日ご報告とさせていただきます。
お楽しみに。。。
[PR]
東京からの取材の方々を青葉仁会のクラフトチームお連れしました。
現在、いのちの森倶楽部の間伐した檜のパルプを使って
QUONのパッケージを作っていただいているのですが、
なんと秘密兵器が投入されていました!


a0280319_14224996.jpg
これは、手漉きした和紙を乾燥させる大型機会です!パッケージに使用するためしっかりした厚みを必要とするため、これまでの自然乾燥ではなかなか効率が上がらなかったようです。
一度にたくさんの枚数を乾燥できるようになったそうです!


次に見学させていただいたのは、木工チーム!
みなさん黙々と作業されていて、職人さんのようです。

a0280319_14215492.jpg

実は、今年度のいのちの森森倶楽部では、こちらの木工チームとも何か間伐材の有効利用としてコラボレーションができないか、模索中なのです。

それは、詳細が決まり次第、ご報告いたします。
お楽しみに!
[PR]
記念すべき最初のパルプが本社に到着しました。
確認すると10キロのチップから51キロのパルプが出来上がりました。


a0280319_16511785.jpg

保管用の一部ですが、皆さんの協力と苦労の甲斐あってとてもきれいな色のパルプが出来上がりました!ありがとうございます。


a0280319_16541997.jpg

さっそく、青葉仁会のクラフト館へ送って、引き続きQUONのパッケージ製造に使用していただいています。青葉仁会の担当スタッフの方から送っていただいた写真です。


次回、実際に手漉きしてくださっているところを見学に行ってきますので、あらためてご報告いたします。
[PR]
いのちの森倶楽部で間伐した檜がいよいよチップになります。
快晴の夏空の朝、チッパーがクレコス本社に運ばれてきました。

a0280319_16183825.jpg

可動式のチッパーで、普段は小枝のような細い物を粉砕するのに使用されているとの事。

a0280319_16191699.jpg

まずは、エンジンをかけてギアをニュートラルにしながら粉砕する動力に切り替えるのですが、なかなかご機嫌斜めの様です。車と同じようにガソリンで動くことに感心しつつ見守ります。粉砕のギアが入ったらまずは、記念すべき1本目を侵入・・・

a0280319_16203726.jpg

バリバリ!っと大きな音とともに回収ようにセットされた網に小さく粉砕されたチップがたまっていきます。

通り過ぎる方が不思議そうな表情で見て行かれます。ご近所の方にしてみれば化粧品会社のはずなのに一体何してるの?と思われたかもしれませんね(笑)


a0280319_16224451.jpg問題発生!?

チッパーにかけてみると、私たちが準備した太さでは、かなり機会に負荷がかかることが判明し、スタッフでさらに細く幅を整えることになりました。


a0280319_16244541.jpg

実は、お借りしたチッパーに今回かなり負荷がかかり、途中で修理をしなければならないことになり、一度中断したのですが、谷林業の皆さんはチッパーを修理してすぐにまた本社に戻って来てくださったのです。
そしてお陰様で、午前中からの作業でお昼過ぎにすべての間伐材を粉砕することができました。

当日は、本当に暑い中、谷林業の皆さんにご協力により無事にチップにすることができました。本当に、本当に感謝です。
出来たチップは少し乾かして10キロごとに箱に入れパルプにするべく、株式会社優良パルプへ発送しました。パルプの出来上がりが楽しみです。

a0280319_16234565.jpg

[PR]
いよいよチッパーをお借りすることになりました。
しかし、その前にお料理でいうところの“下ごしらえ”が必要とのこと。
お借りするチッパーは、それほど太い木の裁断は難しいため、お借りする日までに適応サイズに整えて準備しなければなりません。
私たちの手元にある間伐の檜は、切り出して約60センチくらいの長さに切っただけで置いてありました。

a0280319_1730528.jpg


適応サイズは、外径7.5センチ、長さ40センチまでの木材となっています。
今回はチッパー適応サイズに整える模様をご報告します。

a0280319_17323433.jpg1本の木材を3~4等分くらいに短くのこぎりで切り分ける。


a0280319_17343052.jpg木の皮を剥ぎます。綺麗なパルプにするためには、茶色い皮の部分は取り除きます。


a0280319_17352493.jpg槇割りの要領で直径10~15センチの丸木を四等分にして7.5センチ以下に幅を整える。檜はとても硬いので、この作業が一番大変だったと思います。


チッパーをお借りする予定は翌週の月曜日と言うことで、4人のスタッフでなんと手作業で行いました。
どうか、どうか、無事チップが出来ますように。
[PR]
健一自然農園 代表の伊川さんのご紹介で、とてもお忙しい中、いのちの森倶楽部についてお話しする時間を作っていただきました。ありがとうございます。
そして、お話しする中で、私たちの活動にとても興味をもってくださいました。また、将来的にチップにするまでを何らかの形で協力できればともおっしゃってくださって、今回も協力をしてくださることになりました。本当にありがたいです。
今後の流れとしては、チッパーをクレコスの本社にお借りし、チップを作ることになりました。それに伴い、チッパーの運搬や使い方も教えてくださる予定です。
その模様をまた報告できればと思っています。お楽しみに。


a0280319_16113068.jpgこれが、谷林業さんからお借りできるチッパーです!

このチッパーをお借りするまでに、私たちの間伐した木材を運び出して、チッパーに入れられるサイズに切るなどの準備が必要になります。
このあたりの作業は手作業ですが、たくさんの方のご協力を形にするためにがんばります001.gif
[PR]
ラボ紙の時は、少量だったので手作業で行ったチップ作り。
でも、今回はそうはいかないのです。
チッパーは、木などを細かく裁断する機会で、林業関係の方ならお貸しいただけるのではないか?
ということで、相談したのが健一自然農園 代表の伊川さんです。
伊川さんご自身もチッパーはお持ちでしたが、木の枝くらいの太さのものしか裁断できないとのことで、奈良の吉野で林業をされている谷林業さんをご紹介いただきました。
いのちの森倶楽部の紙づくりは、多くの方のご縁で一歩一歩進んでいます。
本当に感謝です001.gif
[PR]
今回はいのちの森倶楽部の紙作りの為には絶対必要なパルプについて。

青葉仁会のクラフトチームが作ってくださる事になった、いのちの森倶楽部の紙。
今は、以前に株式会社優良パルプさんにラボ紙を作っていただいた残りのパルプで配合量を調整しながら漉いていただくことになっています。
でも、この紙をQUONの新しいシリーズのパッケージにするとなると、安定的にパルプが必要となります。

そこで、株式会社優良パルプの代表榮さんに、パルプ化に協力いただけないかをお願いしたところ、「今までに例はないけれど、そういうことなら。」と引き受けてくださることになりました。
嬉しいですね!

間伐材をパルプ化するには、1センチくらいのチップにする必要があります。チップにしたものを株式会社優良パルプに送り、パルプにしてもらうのです。

さて、次は間伐材をチップにできるチッパー探しです。

a0280319_15585720.jpgちなみに、これが、薬品を使わずにパルプを作れるすごい機会なのです。
[PR]
昨年10月にお伝えしたラボ紙のこと、覚えていらっしゃいますか?

あの時、ラボ紙と一緒に、少しだけパルプを送ってくださっていたのですが、実は、そのいのちの森倶楽部のエコパルプを使って、紙を作ることになったのです。なんと、協力くださるのは、前回にブログでお話した奈良の社会福祉法人 青葉仁会の皆さんです。
現在の紙漉きに使用している楮などに私たちのエコパルプを混ぜて作ってくださるとのこと。嬉しいですね。
新しい商品のパッケージとして出来上がった時には、またご報告いたします。
[PR]