パルプが出来るまで~準備~

いよいよチッパーをお借りすることになりました。
しかし、その前にお料理でいうところの“下ごしらえ”が必要とのこと。
お借りするチッパーは、それほど太い木の裁断は難しいため、お借りする日までに適応サイズに整えて準備しなければなりません。
私たちの手元にある間伐の檜は、切り出して約60センチくらいの長さに切っただけで置いてありました。

a0280319_1730528.jpg


適応サイズは、外径7.5センチ、長さ40センチまでの木材となっています。
今回はチッパー適応サイズに整える模様をご報告します。

a0280319_17323433.jpg1本の木材を3~4等分くらいに短くのこぎりで切り分ける。


a0280319_17343052.jpg木の皮を剥ぎます。綺麗なパルプにするためには、茶色い皮の部分は取り除きます。


a0280319_17352493.jpg槇割りの要領で直径10~15センチの丸木を四等分にして7.5センチ以下に幅を整える。檜はとても硬いので、この作業が一番大変だったと思います。


チッパーをお借りする予定は翌週の月曜日と言うことで、4人のスタッフでなんと手作業で行いました。
どうか、どうか、無事チップが出来ますように。
[PR]